認知症豆知識

認知症患者が増えています。今のうちに知識を身に付けましょう!
MENU

認知症になりやすい人の特徴とは??

加齢と共に脳の機能が低下する事は当たり前なので、加齢と共に認知症になる可能性が上がります。

 

認知症
健康に気を配っている人の中でも生真面目な性格を持っていたり、生活の習慣などの状況によって気付かないうちに認知症になる事もあります。

 

60歳を過ぎてから退職して生真面目に物事を考える習慣があったり、近所との付き合いが乏しかったり、ネガティブに考える人ほど認知症になる傾向が高いです。

 

近年は65歳に満たない人の中で若年型の認知症に掛かっている人が目立っていて、仕事などのストレスに長期間晒されていたり、仕事などの責任感の重大さを全面的に許容して気付かないうちに認知症になる事もあります。

 

若年の時から肉食を中心とした食生活を送ったり、日頃から健康を意識した運動を行わなかったり、野菜をあまり摂取しない生活を送っていると早い時期から認知症になる傾向です。

 

 

対処法として肉類を中心に摂取しないで、年齢を重ねるほど野菜や魚類を中心とした生活を心掛ける事が基本です。

 

アルコールや脂肪分が豊富に含まれている食事を慎んだり、普段よりも食事の量を減らすなどの食生活を重視する事によって高齢になってから認知症のリスクを極端に下げる事に繋がります。

 

会話
加齢と共に脳の細胞の機能が低下するので、

  • 脳を活性化させるために多くの人と笑顔で会話する事を心掛けたり
  • 退職してから時間がある時にジョギングなどの運動を徹底したり
  • 町内会などのイベントに参加しながら知り合いを多く作ったり

する事が大切です。

このページの先頭へ